PC『蒼の彼方のフォーリズム』ファーストインプレッション 爽やかなほのぼの学園生活かと思いきや、空を飛び回る熱い部活ストーリーにハマった!

蒼の彼方のフォーリズムを友達に借りてプレイを始めました!
アニメで放送されていた時に友人がちょうどVitaでプレイしていたので、その時から気になっていたんですよね。

ただVitaは持っていなかったので、借りたゲームは18禁PC版!
なんでだったかPC版とVita版を持っている友達。

PC版はディスクケースすら袋がついてる未開封っぷり。
結局彼がプレイしていたのはVitaのみで・・・

いいのか悪いのか・・・私が18禁の方をプレイするという不思議な状況に。
まあ、せっかくプレイするのだし、彼も18禁の方はプレイする気もなく知らない訳で・・。

クリアしたらそこらへんの感想をそれとなく・・言える範囲で教えてあげることにしようかな。
彼より経験者になる訳だしなっ!( ̄^ ̄)

パッケージは大きめの箱になっておりますが、実際の中身は冊子2枚とディスク一枚。
見た目のボリュームとは違って中身は沢山あるわけではないですね。

デザイン的にも夏っ!って感じの爽やかなパッケージがいいです。

冊子の1冊はイラスト集で絵がすごい綺麗です。
絵のタッチにやわらかさもありつつ、キリっとした表情にするとグッと引き締まる表情もよくて、
結構好きなイラストです。

ともあれ、
さっそくプレイへ・・

ファーストインプレッションとしては、主人公が過去の挫折により、FCと呼ばれる空中を飛び回るスポーツを辞めてしまっていたが、時の経過と、周りの友達や、ライバル達の影響に感化されながら、少しずつFCに向き合っていくお話となっており、
序盤のほうでは、まず空を飛ぶには・・ってところから始まっていくのですが、
次第に、飛ぶだけではなく、スポーツの方へ視点が向けられていき、

主人公も悩んだ末、別の形で関わっていくことになります。

ストーリーとしては、ぶっ飛んだお話にはならなさそうで、
基本は学園生活での部活のお話。

各キャラの個性もよく、会話劇も面白い、
主人公は真面目ないじられ系キャラのツッコミ係なんですが、

対照的なギャグ要因の部長(男)と、窓果には、いつも笑わせてもらっております(笑

ときどぎ挟むこのカワイイイラストもいいです!
笑いの落としどころが、やっぱり窓果ちゃんが多いなあと思うのですが、
個人的には好きなキャラなんですよね。

窓果ルートがないのが残念なところですね。

まだ、ルート分岐には至っていないですけど、
もし窓果ルート仮に含めるとすれば、、楽しみなルートでいうと、

みさき→窓果→市ノ瀬→明日香→真白ですね。

まだ、クリアしてないからわかりませんけど、
6話まで、プレイした感想としては、この順番ですね。

ここまでのストーリーで一番盛り上がったところは、やはり部活であるFCと呼ばれる空中競技で、
みさきVS真藤さんが戦うシーンかな。

戦いになったときの真藤さんの顔つきの変わりようがスゴく狂気に満ちていてよかったし、
ここらへんをプレイしていた時は歯止めが聞かず、徹夜で次の日を迎えるとこになるほどハマりましたね(苦笑

邪心君ぬいぐるみ 欲しいな・・。