Vectorworksの「グループに変換」でシンボル解除。図形を自由に操作できるようにする方法。

Vectorworksで「シンボル解除」の方法をご紹介を致します。
何故だか分かりませんが、シンボル解除という選択ボタンがメニューバー内にないので、代わりのツールとして、「グループに変換」という機能でシンボルを解除することができます。今回はその手順について簡単に説明を致します。

今回の記事では説明しませんが、シンボル解除のボタンを表示させる方法も御座います。

Vectorworksは2018年度版を使用しています。

シンボル解除の方法は、「グループに変換」

Vectorworksの「グループに変換」でシンボル解除。図形を自由に操作できるようにする方法。

この椅子の2Dのシンボルについて、シンボル解除を行っていきます。
まず、シンボルを選択します。(データパレットにも2Dシンボルと表記がされています)

Vectorworksの「グループに変換」でシンボル解除。図形を自由に操作できるようにする方法。

メニューバーより、加工→変換→グループに変換をクリックします。

Vectorworksの「グループに変換」でシンボル解除。図形を自由に操作できるようにする方法。

シンボルだった図がグループに変換されます。
(データパレットもグループの表記に変わっています)

作業はたったこれだけで、シンボル解除は終了です。グループを解除してみると、多角形のデータに変わっているので、形状の変更ができたりするよになります。

シンボル登録はできるけど、「解除ボタンが無いけど、どうしたら・・」と、いう人がたまにいるので、ご紹介をさせて頂きました。この記事を機にぜひ活用してみてください。

シンボルを解除するのはどんな時?

シンボルは、図面内で使い回す椅子等の家具、照明器具(照明メーカーに照明プランを依頼すると照明器具の図はシンボル化されています)、他にもIllustratorで書き出ししたデータ、PDF、DXF、DWG等も取り込むと、シンボルにされていることが多いため、シンボル解除を使う必要が出てきます。

スムーズな作図の為に活用してみてください。

Vectorworksの関連記事

シンボル関連記事として、シンボルの使い方についてご紹介いたします。
Vectorworks 「シンボル」の使い方

ベクターワークスのブログ記事のシリーズです。ぜひご覧になってみてください。
Vectorworks ブログ記事シリーズ一覧

スポンサーリンク