収納量抜群のCote&Ciel のリュックORIL LARGEの購入レビュー

仕事をメインに、プライベートをサブで兼用できる、Cote&Cielの新しいリュックを購入をしました。

買い替える前は、こちらの記事でご紹介している「研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」」というリュックを使っていて、こちらも凄く気に入っていたのですが、元々仕事の資料が多かったこともあり、モノが入りきらず、いつしか手提げに入れて持ち運ぶような使い方に変わっていました。

これだと、両手が自由に使えるというリュックの良さを生かしきれてないな・・と感じ、もう少し用途に合わせたリュックにしたいとコートエシエルの原宿店に行って来ました。

お店で色々悩んだす末、その中でこれだと思えたのが、ORIL LARGEというリュック。収納量の多さと、オリジリティを感じるデザイン性に惹かれ購入をしました。

定番シリーズの「ISAR」を第一候補にしていましたお店に行ったのですが、実際見てみたら、心変わりしていました。

今回は、その新しいリュックについて、ご紹介をしたいと思います。

収納量抜群のCote&Ciel のリュックORIL LARGE

正面下部が折りたたまれている感じが、印象的なリュックとなっています。全体的にテントウムシのようなフォルムをしています。素材はポリエステルで、丈夫でありながら光沢のある質感で、少しグレード感を感じる見た目となっています。

肩紐のところは、少し内側に寄った作りとなっています。肩幅が狭い人や、なで肩な人でも、落ちづらくていいなと思ったのも、購入ポイントの一つになりました。実際使い始めの時に比べ、自分の肩位置に馴染んできてると思います。

中の収納量は、圧巻です! 小さなポケットも多く、収納分けすることが可能です。1泊くらいの小旅行や出張に活躍してくれます。

ヘルメットも入っちゃいます。さすがにヘルメットは入らないと思ったので、驚きました。

PCは15インチまでのデバイスが収納可能で、専用の収納スペースはクッションでPCを保護されるようになっているので、直接本体を入れられて便利です。

ORILシリーズ リュック紹介動画

海外のリュック紹介動画で、同様のORILシリーズを詳しく説明されています。といっても、英語なので分からないのですが。実際にリュックのポケットに物を入れたり、ファスナーを空け、沢山の物を入れて背負うところまで、細かく実演されており、凄く分かりやいと思います。

この動画シリーズは見ているだけでも楽しくて好きです。

1泊の出張で大き目のリュックが欲しい、コートエシエルが良いなと思うけど、あまり被らないシリーズのリュックにしたいという方には、オススメなリュックだと思います。

店舗の方も凄い親切で、丁寧に説明してくださり参考になるかと思いますので、もし気になった方は店頭に足を運んでみては如何でしょうか。

cote&ciel公式サイトはこちらのリンクより
https://www.coteetciel.jp/

関連記事:四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

ORIL LARGEの前に使っていた、Cote&Cielの「RHINE」というリュックについて、関連記事としてご紹介致します。
オーソドックスな四角いリュックで、色んな場面で使いやすいリュックなので、ぜひご覧になってみてください。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

スポンサーリンク