Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

Vectorworks

Vectorworksで「グループ化とグループ解除」の方法をご紹介を致します。
グループ化とグループを解除を使えるようになると、動かしたい部分や、触りたくない図面を的確に選ぶことができるので、より効率的に作図を進めることができます。

※こちらの記事では、Vectorworks2018年度版 Windows用を使用しています。



「グループ化とグループ解除」の方法

Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

グループ化の方法
メニューバーより加工→グループで、図形や文字等のグループ化ができます。
(ショートカットキー:ctr+G)※かなり頻繁に使うので、ショートカットを設定して覚えましょう。

Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

グループになった図形と文字は、選択をするとオレンジでグループ範囲が表示されます。データパレットでグループの表記に変わっているのが確認できます。

Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

グループ解除の方法
メニュータブより加工→グループで、図形や文字等のグループ解除ができます。
(ショートカットキー:ctr+U)※かなり頻繁に使うので、ショートカットを設定して覚えましょう。

グループは作図しやすいように分けるのがポイント

Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

文字と引き出し線でグループ化。
(ここでは引き出し線を線ツールで作成しています)

Vectorworksの「グループ化とグループ解除」の方法。

図形でグループ化。

このように文字と図形でグループを分けて作図を行うのが、編集を行う際に便利です。設計の図面編集は急ぎの修正等が多く、短時間で作業を行う必要があります。まずはスムーズな作図ができるように、自分のやり易い方法を見つけてみて頂ければと思います。

Vectorworks「グループ」の関連記事

関連記事として、Vectorworksの「グループ」関係の記事をご紹介致します。気になることがあったら、ご覧になってみてください。

PDFの図面しかなくて困った時にVectorworksのPDF取り込み、グループ解除を使って図面を取り込む方法
Vectorworksの「グループに変換」でシンボル解除。図形を自由に操作できるようにする方法。






\ SHARE /

カテゴリー