Vectorworksの文字をアウトライン化するには?文字のサイズ調整するのに便利な機能をご紹介。

Vectorworksの文字のアウトライン化について、ご紹介致します。
文字のテキストデータを図形データに変換することで、文字サイズや文字間を調整するのに便利な機能です。

知っていると、ちょっとした時に役立つ機能なので、ぜひ読んでみてください。

この記事ではVectorworks2018年度版を使用しています。

Vectorworksの文字をアウトライン化するには?文字のサイズ調整するのに便利な機能をご紹介。

テキストを選択した状態で、メニューから文字→「文字を多角形に変換」をクリック。

Vectorworksの文字をアウトライン化するには?文字のサイズ調整するのに便利な機能をご紹介。

アウトライン化がされ、多角形の図形データとして、作成がされました。
作業はたったこれだけです。

Vectorworksの文字をアウトライン化するには?文字のサイズ調整するのに便利な機能をご紹介。

この機能の一番の使いどころは、壁面サイン等をプロットする際だと思います。
テキストデータでは、文字サイズ調整をフォントのpt数で、少しずつ調整しないといけなく大変です。しかし、この「文字を多角形に変換」の機能を使ってテキストを図形化することにより、他の図形と同じように自在に伸縮できるようになり、スムーズに調整できることができます。

頻繁に使う機能ではありませんが、時々使う機能なので、ぜひ使ってみてください。

Vectorworksの関連記事

文字繋がりで、Illustratorで作ったロゴをVectorworksで取り込む方法をご紹介を致します。
【簡単】Illustratorで作ったロゴデザインをVectorworksで取り込む方法。

ベクターワークスのブログ記事のシリーズです。こちらもぜひご覧になってみてください。
Vectorworks ブログ記事シリーズ一覧

スポンサーリンク