Vectorwoksの「文字入力」の使い方。設計図でよく使う文字サイズ、フォントについてご紹介。

Vectorworksで文字入力の使い方について、ご紹介致します。
はじめたばかりの初心者の方向けの記事となりますが、設計図でよく使う文字サイズ、フォントについても書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Vectorworksは2018年度版を使用しています。

文字入力の使い方

Vectorwoksの「文字入力」の使い方。設計図でよく使う文字サイズ、フォントについてご紹介。

文字入力は、ツールよりTマークをクリックします。
タブには、横向き、斜め向き、網かけするか選択ボタンがありますが、使うのは赤で囲った横向きだけです。

Vectorwoksの「文字入力」の使い方。設計図でよく使う文字サイズ、フォントについてご紹介。

画面をクリックして、キーボードを打ち込めば文字入力ができます。

文字のサイズや、フォントについては、メニューより文字→フォント、サイズで調整が可能です。

Vectorwoksの「文字入力」の使い方。設計図でよく使う文字サイズ、フォントについてご紹介。

文字を打ち込んだ後からでも、データパレットからでも文字の調整が可能です。

設計図でよく使う文字サイズ

設計でよく使う文字サイズを纏めてみました。

4PT
平面図で机とかの寸法入れたりと、細かい補足情報を入れたりするのに使います。

6PT
誰かに伝える寸法だとギリギリの文字サイズ。

7PT、8PT
基本的によく使う寸法。

9PT
見やすいと言われる寸法。ただし、ちょっと大きめなので、文字でごちゃごちゃになりやすい。

10PT、12PT
注意事項(小)、サブタイトル関係でよく使う文字サイズ

18PT、24PT
注意事項(大)でよく使う文字サイズ

設計図でよく使う文字フォント

MSゴシックかMSPゴシックが一般的に良く使われるフォントです。
他のフォントだとPDF化した際に、文字化けが起きることもありますので、注意が必要です。

10年ほど建築、インテリア業界に携わってきましたが、おおよそこの寸法を使うことが多いです。あくまで、僕の感じたものなので、参考程度にして頂ければと思います。

Vectorworksの関連記事

文字関連繋がりで、文字をアウトライン化する方法の記事のご紹介です。
Vectorworksの文字をアウトライン化するには?文字のサイズ調整するのに便利な機能をご紹介。

ベクターワークスのブログ記事のシリーズです。ぜひご覧になってみてください。
Vectorworks ブログ記事シリーズ一覧

スポンサーリンク