研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

2年前にビジネス、プライベート用として購入したCote&Cielの「RHINE」というリュック。持ち物が少なめで、夏の暑い時期は、「少しでも小さくして、背中に触れる面積を少なくしたい!」と思うので、そんなときに良く使うリュックです。

Cote&Cielというブランドは、以前にもご紹介した収納量抜群のCote&Ciel のリュックORIL LARGEと同じメーカーです。

この「RHINE」のリュックについては、誰でも使いやすいオーソドックスなリュックなので、夏向けにご紹介しておこうと思います。

※もしかしたら、当時から一部リメイクされているかもしれないので、そこは少し前のモデルとして参考程度にみてください。

四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

色んなシーンで使いまわしのしやすい四角いリュックです。
少し横幅が広めの作りで、角は軽く丸みが柔らかい印象です。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

Cote&Cielのロゴが入ったバックルは、3部ツヤくらいのマット気味な感じが堪らなく好きです。

メイン収納は、広がりのある開き方

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」
研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

メインのファスナーは、広がりのある開き方ができるので収納する時に便利です。背の部分にPC収納用のスペースが付いていて、15インチのPCが入る設計になっています。その手前に一つ幅広のポケットも付いています。

メインはそれほどポケットが多くないので、僕はガジェット系はミニポーチとかに入れて、収納を分けて使うようにしています。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

メインファスナーは、リュック底いっぱいまで下げることができます。
これが広がりのあるメインを作れる理由のひとつ。

ファスナーのつまみを隠す工夫

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

一見、正面のポケットがないように見えますが・・

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

実はつまみが隠されています。

当時、原宿店のショップ店員の方に聞いたら、「極力つまみというものを隠して、シンプルを追求したリュックです」と、聞きました。

よりシンプルなデザインを目指して、つまみを隠すという考えに至たった。そして、それがリュックデザインのひとつのなっている。

こういったデザインの思想をみると、同じデザイン関系の仕事をしているのもあって、凄く共感しちゃいます。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

普段、中には、よく使うモノ関係を入れています。財布やイヤホン、筆箱、名刺、手帳なんかがよく入れてる物。

街中を歩いているときは、一番アクセスがしやすい部分です。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

横ファスナーは左右あり、正面同様にファスナーを隠す意図で、少し奥まったところにファスナーが付いていて、つまみが目立たない工夫がされています。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

横には、折りたたみ傘とペットボトルの飲み物を入れたりしています。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

持ち手部分も備わっているので、フックなんかに引っ掛けておけば床置きせずに使えるのも良いところ。

研ぎ澄まされた四角いリュック。Cote&Cielの「RHINE」

長方形型のリュックが欲しくて色々探していたときに、あまり周りと被らない、且つ洗練されたデザインがないかと思っていたときに「RHINE」というリュックに出会いました。

今では、このリュックにして正解だったなと思っています。
普段使いするものなら、やっぱり周りとなるべく被らないモノがいいですよね。

だいぶ前に購入したリュックだったのですが、久々に使い始めようと思ったので、今回ご紹介させて頂きました。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:夏、リュックに入れておきたい扇風機

3WAYで使えるちっちゃい扇風機。mottoleの「MTL-F004」この夏も使います。

夏の暑い時期に向けて、リュックに入れられる小さい扇風機を購入しましたので、関連記事としてご紹介致します。

3WAYで使えるちっちゃい扇風機。mottoleの「MTL-F004」この夏も使います。

スポンサーリンク