Vectorworksで3Dを作る「柱状体」の使い方

Vectorworksで3Dを作る「柱状体」の使い方

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

今回はVectorworksで3Dを作る上で基本となる「柱状体」の使い方をご紹介致します。

※こちらの記事では、Vectorworks2018年度版 Windows用を使用しています。




3Dを作る「柱状体」の使い方

3Dの四角い立方体を作りたいと思います。

まず図形を作成し、その図形を選択した状態でメニューバー→「モデル」→「柱状体」を選択します。

「生成 柱状体」というダイアログが表示されるので、ここで「奥行」に数値を記入してあげます。

この奥行きに数値を入れる事で、3次元の高さを加える事ができます。

ここでは仮に50と記入してみます。

2次元だった図形がこのように3次元の立体に変わりました。

Vectorworksでは基本的にこの方法で3Dモデリングを作り、パースを作っていくことが多いです。ご参考になったら嬉しいです。


カテゴリー