Vectorworksで正円・円弧を等分割する「円弧から線分」の使い方

Vectorworksで正円・円弧を等分割する「円弧から線分」の使い方

Vectorworks

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

今回はVectorworksで正円・円弧を等分割する「円弧から線分」の使い方についてご紹介致します。

※こちらの記事では、Vectorworks2018年度版 Windows用を使用しています。



正円・円弧を等分割する「円弧から線分」の使い方

円・円弧を選択した状態で「加工」→「作図補助」→「円弧から線分・・・」をクリックします。

※選択されていないと「円弧から線分・・」の文字がグレー色になり、選択できない状態となります。

「正円/円弧を分割」のダイアログが表示されます。

「等分割」の数値を変えることで、分割の数を変更することができます。「長さによる指定」で分割を任意の数値で決めることもできます。

オプションについては「多角形で生成」、「線分で生成」のどちらかを選択する必要があります。

等分割の数値を5にして分割すると、こんな感じに円の中に5分割された5角形ができます。「多角形で生成」を選択していると、これが多角形の図形になり、「線分で生成」を選択していると、線で作られます。

円や円弧での分割位置を出したいときに使える機能だと思うので、参考にしてみてください。






\ SHARE /

カテゴリー