Vectorworksで図形や線を揃えたり・均等配置する「整列」の使い方。

Vectorworksで図形や線を揃えたり・均等配置する「整列」の使い方。

Vectorworks

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

今回はVectorworksの「整列」の使い方をご紹介致します。図形や線だけでなく文字や画像の位置を揃えたり、均等に配置するのによく使う機能なので、覚えておくと良いです。

※こちらの記事では、Vectorworks2018年度版 Windows用を使用しています。



「整列」の使い方

図形を選択した状態で、メニューバー→「加工」→「整列」→「整列」をクリックします。


「整列」というダイアログが表示されます。ここでどう配置するかを設定します。
左上の図形が描かれた白いスペースのところで整列された配置イメージを見ることができ、右と下にある「整列」「均等配置」の項目をクリックしていくことで配置方法を決めることができます。

配置する方法が決まったら「OK」をクリック。これで図形や線等が整列・均等配置されます。

それぞれの項目にチェックを入れるとどう配置されるのかを下記に纏めてみました。

「整列」

「整列」・「上」を選択した場合です。
選択されている図形の一番上を基準にして、他の図形も上合わせで整列されます。


「整列」・「上下中央」を選択した場合です。
選択されている図形の上下中央を基準にして、他の図形も上下中央合わせで整列されます。


「整列」・「下」を選択した場合です。
選択されている図形の一番下を基準にして、他の図形も下合わせで整列されます。


「整列」・「左」を選択した場合です。
選択されている図形の一番左を基準にして、他の図形も左合わせで整列されます。


「整列」・「左右中央」を選択した場合です。
選択されている図形の左右中央にを基準にして、他の図形も左右中央合わせで整列されます。


「整列」・「右」を選択した場合です。
選択されている図形の一番右を基準にして、他の図形も右合わせで整列されます。

と、ここまでが整列の内容です。

「均等配置」

「均等配置」・「上」を選択した場合です。
選択されている図形の上を基準に均等配置されます。


「均等配置」・「上下中央」を選択した場合です。
選択されている図形の上下中央を基準に均等配置されます。


「均等配置」・「下」を選択した場合です。
選択されている図形の下を基準に均等配置されます。


「均等配置」・「間隔」を選択した場合です。
選択されている図形の間隔を基準に均等配置されます。


「均等配置」・「左」を選択した場合です。
選択されている図形の左を基準に均等配置されます。


「均等配置」・「左右中央」を選択した場合です。
選択されている図形の左右中央を基準に均等配置されます。

まとめ

「整列」の設定項目にある「挿入点」については触れませんでしたが、これはシンボル等の図形がある時に使うものだと思うので、あまり使用する頻度も無いと思い、省いています。

というわけで、今回は整列について、ご紹介をさせて頂きました。僕自身「整列」の機能は良く使っていましたが、実際何となく使っていたところがあったので、分かり易く纏めたものがあったらいいなと思い、画像を中心に纏めてみました。

少しでも参考になったら嬉しいです。

関連:図形をロックして「整列」すると、ロックした位置で整列ができる。

Vectorworksの整列の関連記事として、図形をロックして「整列」方法についてご紹介致します。基準となる図を目印に整列できる便利な方法です。気になった方はご覧になってみてください。

Vectorworksで基準となる図形をロックして「整列」すると、ロックした位置で整列ができる。






\ SHARE /

カテゴリー