Vectorworks「用紙設定」の使い方。印刷すると用紙がずれる原因の解決方法

本日も記事をお読み頂きありがとうございます。ネイビー(@neibiiiiです。
今回はVectorworksで図面を書き始める前に設定が必要となる「用紙設定」の使い方についてご説明しようと思います。

最近、会社の方にもVectorworksを教える機会があったので、せっかくなので記事としても残しておきたいと思います。

Vectorworksは2018年度版を使用しています。

用紙設定の使い方

用紙設定は、ファイル→用紙設定をクリックすることで、このようなダイアログが表示されます。用紙の枚数は横・縦を基準とされており、横の枚数、縦の枚数を増やすことで用紙枚数を増やしていくことができます。

今は横に1、縦に1していますので、1枚の用紙が作成できます。例えば3枚の用紙を作りたいとした場合は、横3、縦1で横長の用紙が出来ます。横1、縦3で縦長の用紙が出来ます。といった具合に用紙設定が可能です。

用紙の大きさを表示、用紙境界を表示をチェックを加え、用紙範囲内に作図できるようにします。

ウォーターマーク(透かし)については、気にしたことがないのですが、こちらも普段からいつもチェックを入れています。

次に用紙の大きさを決める為にサイズや寸法部分を設定しますが、僕が普段使うのは「プリンター設定」という項目です。ここから用紙設定をすることで、用紙設定側と印刷設定側の用紙サイズを同時に合わせることができます。

そもそも用紙設定と印刷設定という設定は別で分かれている為、用紙設定側でA3になっていたとしても、プリンター設定側でA4になっていると、A3の用紙をA4サイズで4分割で印刷することになってしまいます。(用紙の枚数の横、縦の数値が1.4141のような半端な枚数になります)

そうならない為に、用紙設定側と印刷設定側の用紙サイズを同時に合わせる方法がこの「プリンター設定」という部分になります。

こんな感じで、印刷という表示が出てきます。ここで実際に使用するプリンター名又はCube PDFを選択します。

僕の場合は基本A3の図面を書くのでA3。印刷向きは横向きとします。

すると用紙設定欄の部分が、そのプリンターのA3用紙に合わせてサイズ横420 縦297と登録されます。OKを選択します。

これで、プリンターに合わせたA3の用紙1枚が完成です。簡単ですよね。

用紙の枚数については、僕の場合は平面図関係は1枚。展開図・家具図・什器図のような図面は縦長に5、6枚並べて作図しています。

理由としては、上の写真を見て分かるようにA3だと左右に余白が広くなるので、横にも図面があると少しごちゃっとして見づらくなる感じがあります。なので、比較的縦にページを配置していくことが多いです。少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク