写真を撮るだけで照度が測れる!岩崎電気の照度計アプリ『QUAPIX Light』をご紹介

設計をしている時や、リフォームをする時など
照明の明るさを知りたいと思った事はありませんか?

そんな時に役立つアプリがこちら
岩崎電気さんが出している。
『QUAPIX』というアプリです。

撮った写真の照度を出してくれるアプリとなっており、
部屋や屋外での明るさを計る事ができます。

他にも照明アプリは何個か有るのですが、今回は登録が不要かつ、使いがっての良いいものを選びました。

起動すると写真のような画面がでてきます。

カメラボタンで写真を取る事ができ、
長押しで写真を取り込めます。

次に、輝度というボタンを押すと、
こんな感じに 明るさの分布図を表示してくれます。

サーモグラフィーみたいですね。
赤い部分が輝度が高く、青になるにつれ低くなります。

ざっくりですが、輝度とは、光源の明るさを表す言葉になります。
光源に対して、人がどのように感じるかという事らしいです。

この情報を元に、どこが目立つのかを強調させたのがこちら。
かっこ目立ちボタンを押すと、画面が切り替わります。

赤い部分が明るい箇所で、暗い部分が青で表示されます。
ぱっと見で明暗がわかるため、ディスプレイ箇所のチェックに使えます。

照度ボタンを押すと、照度用の画面が表示されます。
(右上のボタンで輝度の画面に戻る事ができます)

判定の上にあるカメラボタンで、カメラの切り替えができます。
測定する場所を決め、判定ボタンを押すと照度が表示されました。

照明に向かって撮影したので、700lxと明るい数値が出ています。

(lxとは、壁や床など照らされている箇所の明るさの事を表します。
一般的に、店舗全体で300lx、入り口やディスプレイスペース等は750~1000lx
住宅であれば、100~300lxぐらいが基準と言われています。)

また、用途・場所を押すと適切な照度かどうかを判定できるのですが、
出てこない場所もあります。

画面右側には、おすすめ商品とありますが、これは岩崎電気さんのホームページになります。
この画面で見るには、少し小さい気がしますが、
同じアプリ内で調べられるのは便利ですね。

実際に使ってみた感じ、
正確に計測できているかは、不安なところですが、
使い方もシンプルで、わかりやすいです。

打ち合わせの参考資料や、話のネタにはなると思います。
気になった場合は、下記よりダウンロードしてみてはいかがでしょう。

QUAPIX Lite

QUAPIX Lite

岩崎電気無料posted withアプリーチ