独学にオススメな3dsMax建築パースの本を2冊紹介します。この本で僕は覚えました!

以前の記事で、「独学で3ds Maxを使って“中国飲食店”の3Dパースを作成しました。」という記事を書きましたが、勿論何も見ずに出来る訳もなく、書物などの情報に頼りながらコツコツと作りました。

今回は、その3dsmaxを独学で覚えた時に活用した2冊の本が凄く役立ったので、ご紹介したいと思います。

僕は元々、Vectorworksの3Dが使えたので、3dパース作りの少し基礎があるところから始めています。ただVectorworksと3dsMaxでは、3Dの作り方には大分違いがあったので、こういった本に頼りながら覚えていきました。

スポンサーリンク

超入門 3dsMax建築ビジュアライゼーション

超入門 Autodesk 3dsMax建築ビジュアライゼーション」という、3dsMax初心者向けの本。2013年に発売で2,800円ほどの価格です。

この本は超入門という事で、戸建て住宅と小さな飲食店を一から作りながら覚えていける本となっています。目標とする建物を作りながら覚えていけるので、何の為にこの機能を覚える必要があるのか、それを分かり易く纏められています。また、どんどん建物の形が出来上がっていくので、楽しみながら学べると思います。画像も多く載っているので、ぱっと見で覚え易いのも嬉しいところです。

A5サイズで200ページほどのコンパクトな本なので、気軽にカバンに入れて持ち歩きも出来るオススメな1冊です。

3dsMax Design ビジュアルリファレンス2

3dsMaxで良く使う機能を詳細に解説した「Autodesk 3dsMax Design ビジュアルリファレンス2」という本です。2012年発行されて、5,000円ほどと少々高額な本。

こちらの本は建築に特化している訳ではなく3D全般のことについて纏められています。

この本の使い方は、主に逆引き辞典のような使い方をするのが便利です。本の後半に索引ページがあり、そこから知りたい情報を見つけ、分からない機能について調べることができます。

こちらの本も画像が多く載っていて分かり易かったので購入しました。

450ページほどの分厚い資料になっているので、かなりの情報が詰め込まれています。こちらは重い本なので家に置いといて、調べ物をするときに使うくらいがいいでしょう。

本の良いところは、書き込みが付箋を貼ったりと分かり易くカスタマイズしやすいところだと思います。私も本にメモしながら覚えていきました。

気になった方はぜひ参考にしてみてださい。

関連記事:僕が独学で作った3ds Maxパース

冒頭でも少し触れさせて頂いた中国飲食店を3ds Maxでパースを作ったときの記事をご紹介したいと思います。

これから、3dsMaxをやってみたいと思っている人の参考になれたら嬉しいです。

独学で3ds Maxを使って“中国飲食店”の3Dパースを作成しました。

スポンサーリンク