仕事用に!特定のキーを反応させなくする「Logicool G512」ゲーミングキーボードの購入レビュー

以前から、作業中にWindowsキーを押し間違える事が良くあり、
その度に、一瞬止まるのが気になっていました。
ショートカットを多様する人であれば、一度は経験があるかと思います。
今回、この問題を解決する方法として、ゲーミングキーボードを導入しました。

一般的なキーボードとゲーミングキーボードの違い

大きな違いは、ゲームモードの有無だと思います。
この状態では、不要なキーを反応させなくする事ができます。
また、通常のキーボードより耐久性は高くなっています。

他には、LEDで光ったり等の細かい違いはありますが、詳しい事は各製品ページを見て頂ければと思います。

ロジクールG512 リンクはこちらより
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-keyboards/g512-mechanical-gaming-keyboard.html

Logicool G512 ゲーミングキーボード

今回、自分が購入した商品はこちら。
Logicool社製の「G512 LIGHTSYNC RGBメカニカル ゲーミング キーボード」です。

主な特徴としては、
各キーのライトはRGBで自分の好きな色に設定する事ができます。
また購入する時に、キーのタイプを3種類から選ぶ事ができ、自分の好みの打鍵感にする事ができます。
ちなみに自分は、標準タイプのタクタイルにしました。

キーの押した感じは、割かし軽めになっており、音は若干高めの印象です。
※人によっては押した打鍵音は大きいと感じるかもしれません。

ボディはアルミで、見た目もスタイリッシュになっており、また、キーボードは光っており暗闇でも見れるようになっています。

気になったポイント

これは、購入してからわかった事ですが、USBポートを2箇所使用します。
一応、キーボード自体にUSBポートがあるので問題は無いのですが、使用するPCによっては使用できない可能性があります。

また、本体の重量がそこそこあるため、ずれる事は無いです。
ただ、気になる人は気になるかもしれません。

もう一点、ぱっと見は英語キーボードに見えるけど、ちゃんと日本語用のキーボドになっております。

専用アプリで様々な設定が可能

ロジクールの専用アプリを使用する事で、細かい設定をする事ができます。
アプリを開くと、下記のような画面が出てきます。
現在、接続されているキーボードが表示されます。

キーの色を設定する画面です。
左のパレットで、好きな色に調整できます。

ゲームモードの設定画面です。
ここで、使わないキーを設定できます。

ゲーミングキーボードを仕事で使うとなると、ちょっと抵抗がありますが、そんなことはないです!オススメです!

最初は珍しさから会社で使うと絡まれるかも知れませんけど、
気にせず、むしろ上司に勧めるくらいの気持ちで流しましょう!

是非いいなと思ったら、購入を検討してみてはどうでしょうか。

良かったらコメント、ツイッターフォローも宜しくお願いします。