ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール「NANO SANSUKE」

普段から設計図面を読む為に縮尺の書かれた三角スケールというものを使って、図面の寸法を確認したりしています。三角スケール無くしてプランを考えたり、調整を行うのは難しいくらい必要不可欠なものなのです。

今回はその三角スケールで、かなりスリムな三角スケールを見つけて購入したので、ご紹介したいと思います。

そもそも三角スケールとは

三角スケールとは設計図面を読む為に縮尺の違った図面で瞬時に読み取れる、尺度の違う条規のことです。三角型の形状をしており、違った尺度が記載されております。

スリムな三角スケール「NANO SANSUKE」

NANO SANSUKE」とは、滋賀県大津市の株式会社ワークス松下という会社の製品です。

ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール。
豊富なカラーバリエーションが取り揃えられている。

一般的な三角スケールと「NANO SANSUKE」を比較

左の三角スケールが「NANO SANSUKE」。右が一般的に使用されている三角スケール。どちらも長さは15cmのものです。横並びで見るとかなり太さが大分違いが分かります。

NANO SANSUKE」の辺の中心に溝が掘られておりますが、色がついておりませんので、非常にシンプルでカッコイイ見た目です。

一般の三角スケールの溝部分は色付きで見やすさを追求しているので、今後このナノサンスケを使っていく中で、自分で色を付けて見やすくカスタマイズしても良いかもしれません。

小さくても使えるサイズ

一般的な三角スケールに比べ目盛りは小さいですが、問題なく使えています。
筆箱が圧迫されて辛そうな状態の方で、多少小さい目盛りでも良いという方には、オススメしたい商品です。

価格的には700円弱なので、一般的な三角スケールとさほど変わらないので、使い勝手に分けて、筆箱に入れて置く用をスリム三角スケール、会社に常時置く用に一般的な三角スケールと、分けて使うのも良いと思います。

スポンサーリンク