Vectorworks上で画像の切り抜き方

本日も記事をお読み頂きありがとうございます。ネイビー(@neibiiiiです。

Vectorworksで最近知った“画像の切り抜き方”についてご紹介したいと思います。凄く簡単な方法なのですが、僕は今まで知らなかった機能でしたので、覚えたついでに記事に残しておきたいと思います。

Vectorworksは2018年度版を使用しています。

Vectorworks上で画像の切り抜き方

まず「ファイル→取り込む→イメージファイル取り込み」で画像を取り込みます。

四角いコンクリートが映った画像を取り込みました。

今は壁やカーテンが表示されていてるのですが、この四角いコンクリートだけを見せるように“画像の切抜き”をしたいと思います。

画像をダブルクリックします。すると画面の回りが黄色くなり、画像編集ができるようになります。

四角ツールで画像の上に表示させたい範囲を描きます。範囲が決定したら右上に表示されている「Bitmap枠の編集を出る」を押して編集を終わります。

描いた四角部分だけが表示された画像が出来上がります。簡単です。

図面を書いていく上で画像の取り込みは多くあるので、この機能を知っていると凄く便利。僕は今まで知らなくて画像の周囲に四角ツールで白ベタを敷いていましたが、これからはこの機能を使っていこうと思います。

スポンサーリンク