Vectorworks 3D 「ソフトシャドウ」で柔らかな影を作る。

Vectorworks 3D 「ソフトシャドウ」で柔らかな影を作る。

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

今回はVectorworksの3Dで光源の影を柔らかくする「ソフトシャドウ」の使い方をご紹介を致します。

※こちらの記事では、Vectorworks2018年度版 Windows用を使用しています。





「ソフトシャドウ」の使い方

「ソフトシャドウ」を使う方法は2つあります。1つ目が光源ツールを使う際に設定画面からソフトシャドウをオンにする方法。2つ目がデータパレットから編集する方法です。

まず一つ目の光源ツールを使う際に設定画面からソフトシャドウをオンにする方法です。

「ツールセット」→「光源ツール」を選択します。光源ツールを選択した状態で画面をクリックすると「光源属性設定」のダイアログが開かれるので、ここで「ソフトシャドウ」の部分にチェックマークを入れることで、ソフトシャドウ機能をオンにすることが出来ます。

2つ目が光源を選択した状態でデータパレットから編集をする方法です。データパレットの上の辺りにある「ソフトシャドウ」の項目にチェックマークを入れることで、機能をオンにする事が出来ます。

「ソフトシャドウ」の有り無しを比較

実際に3Dパースを使ってソフトシャドウ有りと無しを比較していきます。

まずは「ソフトシャドウ無し」での3Dパースです。

続いて「ソフトシャドウ有り」での3Dパースです。

さらに拡大して並べてみましたが、違いは分からないかと思います。空間パースだと光源も多くなるので光が拡散されて、影が気になることは少なかったりします。

それではどんなときに「ソフトシャドウ」を使うかといったらこんな時です。

参考として、こちらは以前作成した「ダイニングチェア-02」です。これは演出として陰が分かり易く出るように光源を2つだけにした、少ないライティング設定となっています。

左側の画像が「ソフトシャドウ無し」にしたイメージで、右側が「ソフトシャドウ有り」にした画像です。左側の「ソフトシャドウ無し」では影の境界がかなり目だっていますが、右側の「ソフトシャドウ有り」にした画像では、影の境界がぼかされて不自然差が減り、自然な感じになったかと思います。

こんな風に影が分かり易く出てしまう場合に「ソフトシャドウ有り」にすると自然な雰囲気が作り出せます。

まとめ

クオリティを求めない空間パースであれば「ソフトシャドウ無し」にして、レンダリングスピードを優先する方が良いかと思います。

もし気になる影が出るようであれば、その時だけ周囲の光源を「ソフトシャドウ有り」にしたり、Photoshopのぼかしツールを使う方法もあると思います。

ご参考にしてみてください。