Vectorworksで直感的に3Dを立ち上げる

Vectorworksで直感的に3Dを立ち上げる

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

Vectorwoksで3Dを作る際は「柱状体」という機能を使いますが、その他にも直感的に3Dを立ち上げる方法があります。

今回はその方法について少しご紹介したいと思います。

※こちらの記事では、Vectorworks2022年度版 Windows用を使用しています。





直感的に3Dを立ち上げる方法

基本パレットからフライオーバーツールを選択します。ビューの斜めに視点切り替えでも良いです。

こんな感じで斜めの視点を作ります。

四角形ツールで四角を描きます。他の図形作成ツールでも大丈夫です。

クリック、クリックで図形を描きます。

カーソルを図形の上に持っていくと、図形の色が赤く変わります。(図形作成後に他の部分にクリックしてしまうとこの表示は出なくなります。)

赤くなった図形の面をクリックし

そのまま面の上下にカーソルを移動すると立体化されます。
この時にTabキーを押すと数値で立体の高さを設定できます。

クリックで確定して立体図形の完成です。
このような感じで直感的に3Dモデリングを行うことができます。

以上、Vectorworksで直感的に3Dモデリングを行う方法でした。