実写映画がゲームに?「Death Come True」プレイレビュー。新感覚の選択ゲーム。

記事をお読みいただきありがとうございます。ネイビー(@neibiiiiです。
6月25日にNintendo Switch、iOS、Androidで「Death Come True」というゲームが発売されましたね。

ダンガンロンパシリーズの小高和剛さんがシナリオとディレクションを担当するということで、僕自身ダンガンロンパファンで、最近ではPS4のダンガンロンパ2をクリアしたところだったので、「これは買うべきであろう!」と思い、購入をしてみました。

価格は1,960円と、ゲームとしては安い部類でした。ダウンロード専用で販売されていて、今後PC版やPS4盤のデバイスも予定している模様です。

そんなわけで、さっそくプレイしたレビュー記事を書かせて頂きました。

スポンサーリンク

「Death Come True」

ゲームはミステリー映画がゲームとなったような新しい感覚が味わえるゲームとなっており、今回はiPhoneのゲームアプリをダウンロードしてプレイしました。

ストーリーは、「死に戻り」をしながら主人公が少しずつ謎を解いていくといった感じで、進むに連れて徐々に物語が分かっていくのが面白いです。

ゲーム中のBGMもミステリー映画のような、ゲームのような、そんな間を取り持つような音楽になっているので、物語りに引き込まれる一つの要素になっていると思います。

主人公が考え込む場面では選択肢が現れます。選択肢を選ぶ際には、グーグルマップみたいに画面をグリグリ動かすことができ、そこで部屋を見渡せして別の選択肢がないか探すことができます。

サクッと3時間ほどでフルコンプできる

選択すると・・・死に戻りを繰り返しが続いていきます。

繰り返しの中で徐々にストーリーが進展しいく感じは面白いです。特にテンポが凄く良くて、先へ先へと興味を頂かせてくれました。実際サクサクと途切れずに進めて3時間ほどでフルコンプができてしまいました。

僕の場合はなるべく多くの選択肢での結果が見たかったので、1週目は間違いっぽい選択肢ばかりを選んで2時間掛け。2週目はサクサクと進めて1時間ほどで終わりました。できれば、2週目は「ムービーをスキップ」みたいな機能が欲しかったなと思いました。10秒早送りを連打はちょっと疲れました。笑

それでも、エンディングは面白いので、ぜひ2週目までプレイして欲しいと思います。

全体的にかなり満足な作品だったので、次回作がもし出てくれたら、また買いたいと思います!

ティザームービーもあります。

ダンガンロンパ風のイラストがカッコいい。

デスカムトゥルー公式サイト Death Come True Official Website

スポンサーリンク