三角スケールであり、シャープペンシルでもある「シャープサンスケ」レビュー

記事をお読み頂きありがとうございます。ネイビー(@neibiiiiです。

以前、縮尺スケールについて、手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。と、ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール「NANO SANSUKE」の記事でご紹介致しましたが、今回また新しい三角スケールを見つけて購入しました。

ペンとしても使える少し変わった三角スケールで、前々から気になっていたものです。今ではここ最近買った筆記用具として気に入っているものの一つになったので、今回ご紹介したいと思います。

「シャープサンスケ」

ワークス松下という会社から販売している「シャープサンスケ」という商品です。その名の通りシャープペンシルと三角スケールの機能を持ち合わせており、三角スケールの中にシャープペンが内蔵されています。

サイズについては、15cmと10cmの2タイプがあり、15cmのペンは流石に使いづらいと思い、一般的なペンの長さである10cmのものを購入し、使っています。

カラーバリエーションは何種類か展開されていましたが、ビビットカラーは完売されていたので、シンプルに無難なシルバー色のものにしてみました。

気になっていたサイズ感について、手持ちの三角スケールを並べてサイズの比較をしてみました。

左:NANOサンスケ、中:シャープサンスケ、右:ホームセンターで買った一般的なサンスケです。サイズ感的には一般的な三角スケールに近いサイズ感で、NANOサンスケよりも文字が大きいので見やすい感じ。

シャープペンの芯の交換はノックボタンを押さえながらペン先を回し、引き抜くと外れます。

外したらこんな感じのパーツになっていました。透明の芯ケースは一般的なシャープペンと比べると少し細くなっておりますが、芯は3本ほど入るので十分かなと思います。

ノックボタンも押し易いです。三角形状なので角が出てきますが、エッジ部分は危なくないように、きちんと角落ちして安全な作りになっています。

シャーペンとして書く

握り心地は、三角の窪みに親指と人差し指がフィットするので、むしろ三角という形状が握りやすく、普段と違う握る感覚に面白いなと思いました。

握る部分にはグリップが無い為、指のすべり止め機能がないのですが、これはこれでサラっと使える感じで気に入っています。

三角系型のペンで書くという点で書きにくいのではと想像していましたが、思っていた違和感は全く無く、すらすらと普通に書けました。シャープペンとして問題なく使っていける感じです。

三角スケールとして寸法を引く

もちろん三角スケールとしても使えます。欠点というほどではありませんが、長さが10cmタイプの為、少し短いので図面によっては物足りなく感じることがあるかもしれません。ただ、僕の仕事では10cmもあれば事足りるので、同じような内装設計に携わるような方であれば十分ではないかなと思います。

筆箱の中はあれもこれもと入れていると結構かさばるものなで、この三角スケールとペンが一体となっているものがあれば、少しは持ち物を減らせると思うので、持ち物をコンパクトにしたいって方には、オススメできるサンスケだと思います。

関連記事:「折りたたみ縮尺スケール」

関連記事として、同じ縮尺スケールとして、折りたたんで平たくコンパクトに収納できる「折りたたみ縮尺スケール」の記事をご紹介致します。
手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

スポンサーリンク