手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

記事をお読み頂きありがとうございます。ネイビー(@neibiiiiです。

忘れ物をすることって誰でもありますよね。その忘れ物をしたときに限って、今無いと困るのにってことが多いと思います。

最近では忘れものをなるべく無くしたいという思いから、手帳のポケットに忍ばせる。超薄型の名刺入れ「Coconimo」のような、予備グッズみたいなものに興味があります。結構これがなかなか優秀でして、忘れたときの救世主となってくれるのです。

他にもこういう予備グッズのようなものを持ちたいなと思い、色々探してみたら設計でよく使うモノで予備に持っておきたいアイテムを見つけました。

スポンサーリンク

シンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

はかるもの」を中心にモノを作っているシンワ測定株式会社から販売している「折りたたみ縮尺スケール」という商品です。

Amazonで500円ほどで購入しました。

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

折りたたみ式なので、手帳のポケットやノートなどの薄いスペースにも収納できる非常にコンパクトな縮尺スケールです。

サイズは17cm×2.5cm×厚み0.09cm、重さ5gと、小さく、薄く、軽いの三拍子揃った商品。僕の手帳がA5(15.5cm×21.5cm)なのでちょうどポケットに納まるサイズ感です。

四角い形状から平たい形状へ

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

通常時は四角形の形状ですが・・・

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

押してあげると潰れて平たい定規に変わってくれます。指を離すとゆっくりと四角い形状に戻ろうとします。

材質はPET樹脂でできている為、変な形で踏んだりなどしなければ長く使い続けられそうな感じです。

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

縮尺度 は8種類(1/100・1/150・1/200・1/250・1/300・1/400・1/500・1/600)と、多くあるのが魅力的です。1面に対して2種の縮尺が記載されています。

メモリは15cmと30cm(1/1の縮尺で表すと)の2種が販売されています。僕は15cmを購入しました。

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

使用感としては、一言でまとめると“予備があった”という言葉がぴったしなモノだと思います。最近特に便利だと感じるのは、社内打合せ等で三角スケールをデスクに置き忘れてきてしまった時、いつもは、わざわざ断りを入れて三角スケールを取りに行ったりしていましたが、最近はこの折りたたみ縮尺スケールがいつも手帳に入っているので、デスクに戻らずに済んで凄く助かっています。

手帳に入れて携帯できるシンワ測定の「折りたたみ縮尺スケール」。サンスケ忘れたときの救世主。

今のところ欠点という欠点があまり見当たらないのですが、三角スケールに比べると線を当てる際に少し書きづらいかな、という点と、頻繁に使っていると折れたり破けたりという劣化は出てきそうな感じがします。

ただ、基本的には普段は三角スケールを使い、「三角スケール忘れた!」というときの予備道具として使う分には、かなり良い商品だと思います。

これまでの僕のように「あっ三角スケール、忘れた・・まじか・・」と、思わないように、一本買っておくのがオススメです。

関連記事:ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール「NANO SANSUKE」

関連記事として、縮尺スケール繋がりで凄いスリムな三角スケールの記事をご紹介致します。持ち物をコンパクトにしたいという方にはオススメなモノです。
ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール「NANO SANSUKE」

スポンサーリンク