東リの三角スケールが当たりました!

東リの三角スケールが当たりました!

2020年11月28日
外で使うモノ・コト

本日も記事をお読み頂きありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

10月の東リメールマガジンで「“オリジナル三角スケール“が当たるアンケート付き」というメールを頂き、試しにアンケートに回答をしたところ、お礼として東リオリジナル三角スケールを頂くことになりました!今回はその物が届いたので、記念として記事に残しておきたいと思います。

東リの三角スケール

パッケージには何やら工場のような絵が描かれており、気になって東リのホームページを調べてみたところ、創業時の東リの伊丹工場の絵でした。

さらに、箱の右側には創業100年を迎えたロゴがあります。(東リさんってそんな長い歴史のある会社さんだったんですね~)ホームページにはこちらのデザインコンセプトも載っていたので、見てみると発見があって面白いかと思います。

パッケージを開いて中身を取り出すと、金属製の15cmの三角スケールが入っていました。そしてこの黄土色がなんともカッコイイです。

金属の光沢と黄土色の相性が凄く良い。

東リオリジナルスケールということで、TOLI Corporationのマークが入っています。

縮尺は1/100、1/150、1/200、1/300、1/400、1/500の6つの尺度となっています。

他のスケールと並べて比較してみました。左側が以前にもご紹介した「NANO SANSUKE」、真ん中に「東リオリジナル三角スケール」、左側に一般的な「PLUS 三角スケール」です。

PLUS 三角スケールより若干小さいサイズで、重さは金属製なので、他の三角スケールより若干重ためです。

ただ、この金属製の重厚感は持っている三角スケールの中で一番カッコイイなと思います。東リさん本当にありがとうございました。これから大事に使わせて頂きます。

関連記事:ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール「NANO SANSUKE」

記事内で少し触れたNANO SANSUKEについて、以前書いた記事をご紹介致します。持ち物をコンパクトにしたいという方にはオススメなモノです。良かったらこちらもご覧になってみてください。
ペンケースやポケットにもすっぽり収まるスリムな三角スケール「NANO SANSUKE」