三角スケールがマスキングテープになった。「スケマス」を買ってみました。

三角スケールがマスキングテープになった。「スケマス」を買ってみました。

外で使うモノ・コト

本日もNavynotEをお読み頂きありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

設計道具で一番よく使うモノは何ですか?と聞かれたら、僕は迷わず縮尺スケールです。と答えると思います。それくらい普段から使うことの多い縮尺スケール。その縮尺スケールが、マスキングにテープになっているモノを先日見つけました。

これは買いだなと思い即購入してしまいました。

縮尺マスキングテープ「スケマス」

今回面白いなと思い購入したのは、こちらのGA gallery Bookshopから販売されているスケマスという商品。三角スケールをマスキングテープにしたというモノで、ネットで440円ほどで購入しました。

2色購入しました

カラーと縮尺の2種類が販売されていて、黒いスケマスが1/20、1/50。赤いスケマスが1/100、1/200となっています。

これは、両方買っちゃいましたよね。

テープを貼ってみた

サイズは幅15mmの7m巻で、15cmの区切りで印刷されてあります。

スケールの単位も大きく見やすい。

貼るときにもくっきり文字が見えているので良い感じ。

こんな使い方もできる

実際どう使うかが難しいアイテムだが、僕の場合は名刺の裏に貼ってみている。保険用だから未だ出番はないのだけど、いつかきっと活躍してくれるだろうと思う。

ただ、間違ってもこの名刺を渡さないようには注意が必要ですね。
絶対間違えるなよ、僕。