Vectorwoksで円弧や曲線に沿うように文字を書きたい時に使うツール「パステキスト」の使い方。どんなときに使えるか?

Vectorworksで円弧や曲線に沿うように文字を書きたい時に使うツール「パステキスト」の使い方をご紹介いたします。

Vectorworksは2018年度版を使用しています。

「パステキスト」の使い方。

文字と円弧を描きます。
※今回は円弧を例に作っていきます。

文字と円弧の2つを選択した状態で、メニューより文字→パステキストをクリック。

表示された設定項目で、文字サイズ:高さと幅を自動調整、パステキストの形式を曲線で選択し、OKをクリック。

このように円弧の曲線長さに合わせて文字が自動調整されます。
しかし、これだと文字の向きがおかしいままなので、修正をします。

データパレットにて数値を180と記入します。
その後、文字を水平反転します。

曲線を描くように文字が完成しました。

どんなときに使えるか?

アーチ状のゲートサインや、円形型の造作物や家具のサインに使うことがあると思います。そう頻繁にはない使う機会のない機能ですが、作図で困った時に便利な機能なので、知っておくだけでも良い機能だと思います。

Vectorworksの関連記事

文字繋がりとして、こちらの関連記事をご紹介致します。
Vectorworksの文字をアウトライン化するには?文字のサイズ調整するのに便利な機能をご紹介。

ベクターワークスのブログ記事のシリーズです。ぜひご覧になってみてください。
Vectorworks ブログ記事シリーズ一覧

スポンサーリンク