メモリの付いた縮尺付箋を作りました。

メモリの付いた縮尺付箋を作りました。

デザイン

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

設計の仕事で図面の修正箇所にチェックをするときに良く、付箋を使うのですが、サンスケが手元に無い時って、あったりしますよね。そんな時に、たまたま図面資料に付いている付箋が縮尺の測れる、メモリ付きの付箋だったら便利かもなと思い、作ってみました。



メモリの付いた縮尺付箋を作りました。

これまで、メモリの付いた付箋は見たことがあったのですが、縮尺メモリが付いた付箋は見たことが無かったので、自分で作ってみました。

今回、付箋を作って頂いたのは「付箋本舗.com」というオリジナルの付箋を作ってくれる会社様。なるべくコストを抑えたかったので、最低ロットの50ロット、積層枚数20枚で¥10000程で作って頂きました。

完成までの過程

完成までの過程を少しご紹介しておこうと思います。

初めは既製品の付箋に手書きでスケッチするところからスタートしました。

こんな色違いの付箋にメモリが付いているのも面白いそうだな。

そんな思いで付箋の横にサンスケを置き、ペンを片手にメモリをひたすら書いていました。

Twitterにも書き込んであったのですが、初めの方にとある付箋会社に見積もりを取ったら、最低ロットで4種×各250個で20万という見積もりを頂いて高すぎて一度諦めていました。

それから、こつこつと色んな付箋業者を探し続けて、今回お願いした付箋会社を見つけました。去年の10月から進めていたと考えると、結構時間が掛かったなと感じます。

1万円ほどでオリジナル付箋が出来そうと分かってから、デザインを作り始めました。付箋デザイン1種でこの金額だったので、デザインを変える方向で進めていきました。

縮尺も増やしながら各方向の見え方を考えたり。

やはり実際に紙で出力して書き込むと改善ポイントが色々見えてくるので、何度もプリントしました。僕はコンビニプリントを使っていたので、きっと店員さんは「あっ、また何度もプリントアウトする人が来た」となっていたかもしれませんね。

フォントや太さを調整を何度も行いました。ほんと入稿してからも修正したりと結構大変でしたね。

完成した縮尺付箋

そして、この付箋が完成しました。色々と時間が掛かっただけに思いが込もったアイテムになりました。

Twitterの方でも付箋を作っていくときの事をツイートしていますので、気になった方は@neibiiii 付箋をクリック又はこの文字で検索してみてください。

裁断して71×21mm

付箋のメモリが端まで印字されるように担当者の方に相談しながら繰り替えしデザイン修正をしました。

一般的な75×25mmサイズの付箋では、印刷機の関係上、端まで印刷が出来ず、印刷されていない縁ができてしまうとのことだったので、今回は裁断という方法を選んでみました。

これによって付箋サイズは71×21mmと少し小さくなるのですが、裁断をしたことで、端までメモリが描かれた仕上がりになりました。ほんと綺麗に仕上がって良かったです。

文字はNAVY色に拘りました。

メモリと文字の色はネイビー色にしたかったので、フルカラー印刷で作っています。

モノクロ印刷とフルカラー印刷で¥350ほどと、そこまで高くない金額差だったのと、せっかく作るなら拘りたいと思いフルカラーを選びました。

実際に付箋を使う時は、黒ペンで書き込むが多いので、メモリの色を少し変えたことで見易くなったと思います。

メモリ自体の色を薄くすることも考えましたが薄くしすぎると、今度は縮尺付箋が使いづらく、サンスケが欲しいと思ってしまうので、このメモリと文字の色の濃さで落着きました。

縮尺は4種類

メモリは1/100、1/20、1/30、1/50を加えました。

つい癖で単位を間違えてしまいました。。正しくは1/200、1/300、1/500です。凄く良いものが出来ただけにちょっと間違えてしまったのが悔しいです。

サンスケと並べて確認

メモリのズレも問題ない感じ。

メモリが擦れないか、文字が小さくて印刷時に潰れないかが心配でしたが、凄く綺麗に仕上がりました。

くっきりと見やすい。

貼って使ってみる

当初は色んなカラーで付箋を作ろうとしていましたが、コストの関係でベースカラーは白にしました。紙とかに貼ったらどう見えるか気になっていましたが、これはこれですっきりしていて結構好きな感じ。

書くスペースは少し狭いが特に問題はなさそう。

しっかり文字も読める。

筆箱にさらっと入れておいたり

ポケットにしのばせておいても良さそう。

並べて撮影してみました。

実用性のある面白いデザインの付箋が出来たかなと思います。少し金額は掛かりましたが、自分の思い通りのモノが作れて凄く気に入っています。また面白い付箋を思いついたら作ってみたいです。

関連:メモリの付いた縮尺付箋の販売を開始致しました。

販売して欲しいという意見が多かったので、BASEのショップで販売することにしました。気になった方はぜひチェックしてみてください。ブログの方では販売用に微調整した付箋の写真もあります。

▼ブログ記事「メモリの付いた縮尺付箋の販売を開始致しました。」
https://designers-log.com/2021/04/04/scale-tag2/

▼販売サイト「NavynotE STORE」
https://navynote.base.ec/






\ SHARE /

カテゴリー