【簡単】Illustratorで作ったロゴデザインをVectorworksで取り込む方法。

Illustratorで作ったロゴをVectorworksで取り込む方法をご紹介を致します。簡単な作業なのでぜひ覚えてみてください。

こちらの記事ではVectorworks2018版を使用しております。

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法。

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法

●完成イメージ
Vectorworksに取り込み終わった今回の完成形のロゴです。こちらを作っていきたいと思います。

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法

①まず初めにIllustratorのロゴを用意します。

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法

②IllustratorのロゴをDXF又はDWGのデータにファイル形式を変換。
(Illustratorより、Vectorworksに互換性のあるDXF又はDWGのファイルデータに変換することで、Vectorworksへの取り込みができるようになります)

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法

③Vectorworksの取り込みから、DXF又はDWGを選択し、取り込みたいデータをクリック。
これで取り込み完了です。取り込むと図形に色がついたようになります。

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法

④不要な線の消去、面に色付けをします。
取り込み完了後は、複数の線が重なってしまっているので、不要な線を消去します。上記のように残した図形データにパレットより色を選択してあげて、色付けが完了です。

ただし、「O」のような文字では、「◎」このように取り込まれますが、内側も外側も○部分は曲線データの為、Oの内側を切り欠きツールでくり抜く必要があります。

今回ご紹介したVectorworksでロゴを取り込む方法は、ロゴ以外のことにも応用可能ですので、ぜひ活用してみてください。

こんな感じで使えます。

IllustratorのロゴをVectorworksで取り込む方法

分かりやすいように壁にロゴサインをつけたイメージ図を作ってみました。ちょうどH400の色が変わった部分にちょうどロゴが来るようにしています。

Vectorworksの関連記事

文字繋がりの関連記事として、パステキストの使い方についてご紹介致します。
Vectorwoksで円弧や曲線に沿うように文字を書きたい時に使うツール「パステキスト」の使い方。どんなときに使えるか?

ベクターワークスのブログ記事のシリーズです。ぜひご覧になってみてください。
Vectorworks ブログ記事シリーズ一覧

スポンサーリンク