スペインで人気の「オルチャータ」という飲み物を取寄せてみた。

スペインに住んでいる知り合いから、地元で「オルチャータ」という飲み物が人気で、普段からよく飲んでいる人の多いとの話を聞いて、調べてみたらAamazonでも販売されていたので、試しに購入をしてみました。

今回はそのオルチャータというスペインで人気の飲み物を飲んでみた感想です。

オルチャータとは

オルチャータとは、タイガーナッツというナッツを主原料に、水や果糖などによって作られた飲み物で、スペインでは日常的に良く飲まれているものだそうです。飲み物だけでなくパンに付けて食べたりもするのも美味しいとのこと。

原産国はスペイン。

お試しのつもりで少量の物を探していましたが、なかなか見当たらず、500mlと少々大きめのものを購入しました。

豆乳のような、ナッツのような、独特な癖のある味。

飲み方は、原液を水で4~5倍薄めて飲むようにと書いてありました。
原液はトロッとした感じ。

飲んで思ったのは、豆乳のまろやな口当たり。その後にナッツのような風味があとから感じました。ただ、僕が知っているようなナッツの味とは違った独特な風味。日本では例えようがないような不思議な味でした。

想像以上にだいぶ癖のある感じです。

「オルチャータをパンにつけても美味しいですよ!」と聞いていたので、食パン、それと、これは僕の思いつきですが、アイスも買って試してみました。

オルチャータをパンにかけてトースト。

パンにオルチャータをたっぷりと塗り、そのままトーストへ入れて焼いてみました。サクサクした焼きあがったパンの食感の中に、オルチャータが塗られたところはしっとりしていて、これはかなり美味しい。

例えるならピーナツバターに近い感じの味なのですが、ちょっと独特な味があり、それがちょっと癖になります。

オルチャータをアイスにかけて

原液をそのままトロっとアイスにかけてみました。
これが一番の大当たりでした。バニラアイスなんですが、マカデミアンナッツみたいな感じになりつつも、オルチャータの癖のある味がちょうどよく抑えられていて、一番相性のいい組み合わせだなと思いました。

この夏はこの食べ方にハマりそうです。

ナッツ系が好きな人は、ぜひ試してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク