「肉厚牛タン丼」を喰らう。牛たん専門店せんりをUber Eatsで。

「肉厚牛タン丼」を喰らう。牛たん専門店せんりをUber Eatsで。

グルメ

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。牛タンが好きなNavY(@neibiiii)です。
牛タンといえば、やはり弾力のある歯ごたえと、ほどよい脂感が美味しいお肉ですよね。

その牛タンで気になっていたところがあって、それがUber Eatsの「牛たん専門店せんり」。前々から、Uber Eats開くたびに表示されていたので、ずっと目をつけていた宅配のひとつです。

ネットでは、価格が高いだのと色々意見が分かれていたのもあって、これは実際に自分で食べてみないと分からないなと思い頂いてみました。



Uber Eatsで牛たん専門店せんり

メニューは丼だけではなく、ご飯と牛タンを分けたセパレートタイプの弁当や単品の牛タンの販売されています。

今回頼んだのは、熟成厚切り牛タン丼・塩味(大)200gで、価格は、牛タン丼¥3450、サービス料¥345、配送手数料¥50で、トータル¥3845でした。分かってはいましたが、やはり高い。

実際に届いた商品はこんな感じ。弁当ケースに入った牛タン丼とレモン果汁、それとサラダ用のゴマドレッシングが付いてきました。

弁当ケースの中は、一口サイズにカットされた大きな牛タンが2枚と、青唐辛子味噌、サラダが盛られていて、その下にタレのかかった白いご飯が敷き詰められています。

蓋を開けると牛タンの分厚さがより伝わります。添えられたサラダも綺麗な色合いで、食欲をかき立てられる感じです。¥3000以上するだけあるな。

この牛タンほんと分厚いです。

牛タンぎゅうぎゅうに敷き詰まっています。覗いてやっと白飯が見えてきます。

青唐辛子味噌もたっぷりと入っています。この味噌が、牛タンに合うんですよね…。これと白飯だけでも1杯いや2杯はいけちゃいますね。

サラダに少し入った赤ピーマンと黄色ピーマンも色鮮やか。

箸で持つと、その肉の分厚さがより分かります。

食べてみると、これが相乗以上の厚みと弾力のある牛タンでかみ締める度に口の中が旨い。硬さは柔らかいというよりは、少し固めで食べ応えのある牛タンで、僕は好きな感じ。

ご飯には甘辛いタレがかかっていて、このご飯と牛タンとを一緒に食べると最高にウマいです。少し味を変えたいなと思ったら付け加えの味噌とレモン、サラダをちょうどよく食べると、味に変わりが出て、これまた美味しい。200gと結構量があったのですが、ペロリと食べ終わっちゃいました。

たしかに、価格はちょっとお高いので、なかなか気軽に頼めるような感じではないのですが、本当に美味しかったので、僕的には凄く満足いく宅配でした。






\ SHARE /

カテゴリー