測れる。書ける。ドイツ製ノギス付きボールペン「メッソグラフ」を買いました。

測れる。書ける。ドイツ製ノギス付きボールペン「メッソグラフ」を買いました。

外で使うモノ・コト

本日もNavynotEをお読み頂きありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

設計職をしていると、制作物のビスやボルトの太さを決めることがあります。僕は意匠設計がメインなので、そこまで細かな設計図を書くことは少ないのですが、たまに詳細の設計を考えることもあったりします。

僕の設計のスタイルとして、いきなり図面に起こすというのは少なくて、何か実物を参考にして、イメージを起こし、それから設計するということがほとんどです。

ビスやボルトなんかは引出しに入れてあるので、それを取り出して「どのサイズにしようかな・・」なんて考えることも。

ただ、ビスやボルトの頭って基本円形なんですよね。これをスケールで測ろうとすると、ちょっと分かりづらいんです。なので、そんなときに使えるノギスがずっと欲しいと思っていました。

ノギスとボールペンが合体したペン「メッソグラフ」

ちょっとしたときにノギスを使いたい、でもオシャレなのが良い。そんな僕好みのノギスに出会いました。

CLEO SKRIBENT(クレオ・スクリベント)というドイツの筆記具ブランドの「メッソグラフ」というノギス付きボールペンで、ネットで見つけ、3000円ほどで購入しました。

完全にノギスとボールペンが一体化した、ちょっと変わったモノ。

以前買ったシャープペンとサンスケが合体したシャープサンスケを彷彿とさせるペンです。
三角スケールであり、シャープペンシルでもある「シャープサンスケ」レビュー

素材は金属製で、光沢のあるメインボディ。

ペンクリップ部分がスライドできるようになっていて、ノギスとして測ることができます。

ボディ部分にはmmとinchの数値が刻まれてあります。

ノギスとして測ってみる

定規やスケールで測りづらい円形のモノは測りやすいです。

スチールアングルの厚みも挟んで測れる。

バーニアスケールが付いているので、小数点以下1桁まで計れますが、若干0点ズレをしている為、このスチールアングル t=3.2mmもずれている気がします。

このズレについては、ちょっと残念なところ。

ただ、僕の仕事ではさほど大きな影響はないので、このノギスで十分事足ります。

ペンとして書いてみる

ペンとして書くことに問題はないですが、書き易いか?と聞かれれば、「書き易くはない」という回答ですね。

その理由は、この平たい六角形型の断面形状です。この形状なのでどうしても指にはフィットしない為、少し持ちづらい感じがあります。

とはいえ、このペンには持ち易さという部分を求めてはいなかったので、僕としては気になりませんでした。

タイヤゲージとしても使える

これは買ってから知りましたが、ペンクリップをペン先端にスライドさせ、車のタイヤに当てて計測することができ、タイヤゲージの役割もできるようです。

基本的に僕はシンプルなモノが好きなのですが、こういう工具的で機能的なアイテムを見るとついワクワクしてしまいます。

気になった方はチェックしてみては如何でしょうか。

次に読むなら「シャープサンスケ」の記事

ペン繋がりで、三角スケールとシャーペンが一体化したシャープサンスケです。
こちらもよければご覧になってみてください。

三角スケールであり、シャープペンシルでもある「シャープサンスケ」レビュー