Vectorworksで陰線消去レンダリングでアイソメ図を作る方法

Vectorworksで陰線消去レンダリングでアイソメ図を作る方法

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

今回はVectorworksでアイソメ図を作る方法についてご紹介したいと思います。簡単に製作物の作りや完成イメージを立体的に相手に伝えることが出来るので、覚えておくと良いと思います。

※こちらの記事では、Vectorworks2018年度版 Windows用を使用しています。




Vectorworksでアイソメ図を作る方法

自作ティッシュケースのアイソメ図があったので、この資料を元に説明していきたいと思います。

まずは「柱状体」の機能を使ってをこのような3Dモデリングを作成します。

※今回は「柱状体」からの3Dモデリングの作り方は省かせて頂きます。

VW-陰線消去レンダリング

3Dモデリングが用意できたら、「VW-陰線消去レンダリング」に変えてあげます。

メニューバー→「ビュー」→「レンダリング」→「VW-陰線消去レンダリング」を選択します。

見える部分の図形の線が強調されたアイソメ図ができあがります。

これで一見完成のように思えますが、まだ3D状態なので、2D画面に戻すと立体が平面の状態に戻ってしまいます。なので、この3Dモデリングを3D状態から多角形・線分に変えてあげる必要があります。

「3D」→「2Dの線・多角形の図形」に変えるという考えです。

線分に変換

図形を選択した状態でメニューバー→「加工」→「変換」→「線分に変換」を選択します。

「線分に変換」というダイアログが表示されますので、ここで「陰線部分を消去して変換」を選択し、OKをクリックします。

「現在のレイヤの再レンダリングが必要です。再度レンダリングしますか、あるいは操作を中止しますか?」というダイアログが表示されます。今回の作業では再レンダリング不要なので、右上の×をクリックしダイアログを閉じます。

図形が変換されグループとなります。

グループを解除し、選択すると線だけとなったアイソメ図ができあがります。

最後に補足情報を入れるとこんな感じのアイソメ図を作ることができます。

まとめ

今回は「線分に変換」を使用しましたが、状況に応じて「多角形に変換」を使うのも良かったりします。

「多角形に変換」は図形が面になるので、面に色を付けたいときには便利だったりしますが、モデリングの図形によっては図形が重なり合ってややこしくなることがあるので、状況によって「線分に変換」と「多角形に変換」を使い分けると良いと思います。

ご参考になったら嬉しいです。


カテゴリー