靴が濡れても靴下の中は濡れない。完全防水ソックス「DexShell」

靴が濡れても靴下の中は濡れない。完全防水ソックス「DexShell」

外で使うモノ・コト

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

最近は梅雨のせいで、通勤中に靴が濡れて、靴の中までびしょびしょになることが増えてきました。

テレワークで週2、3度の通勤なのですが、それでもやはり、靴の中が濡れていると、足が水に浸っているような感じでなかなか落着かないんです。

普段からキャンプや登山もするので、併用できるようなものがあればと思い、見つけたのが完全防水ソックスというものでした。リピートしたくなるくらい良い靴下だったので、記事にしてご紹介。



完全防水ソックス「DexShell」

今回見つけたのが「DexShell(デックスシェル)」というメーカーのRUNNINGローカットソックス アクアブルーです。Mサイズで、Amazonで3000円程で購入しました。

「DexShell」は機能性が高いので、特に登山や自転車等、スポーツを趣味とする人に向いている商品です。今回購入した靴下は「RUNNING」というタイプの物で走る人向けの物のようです。

靴下の長さはハイ、ロー、ショートの3つがあり、オールシーズン使えそうな中間のローソックスを選びました。

靴下の上の方には「DexShell」と書かれた文字。水色がアクセントカラーになっていて可愛いです。

防水靴下に関しては、今までシンプルな物というイメージしか無かったので、このDexShellの靴下のアクセントカラーをはじめとした全体的なカラーバランス、デザイン性は凄く気に入りました。

機能を追及した三層構造

外側はナイロン加工されています。磨耗に強く、水を吸収しにくく、乾きやすいという特徴があるようです。

内側には吸水速乾性の高いクールマックスという素材を採用しているようです。実際に履いてみると、足底あたりのモコモコしている部分がふわっとしているので、足裏への負担を軽減してくれいる感じがあります。肌触りも見た目よりもさらっとしていて良い感じです。

中間層には、防水透湿被膜「ポレール」というものが採用されていて、これが高い防水性と蒸れを防止してくれるようです。たしかに引っ張ると布とは違うポリエステルのような張りを感じます。

雨に濡れても内側にはまったく染み込まない。

水道の水をたっぷりかけて、5分くらい待ってみます。

表面はかなり濡れました、、、大雨で濡れた靴の中だとこんな感じでしょうね。

裏返して内側を見てみると一切濡れていない。中もなんら変わらずふわっふわの状態です。凄い、これぞ完全防水。

履き心地はほとんど靴下

靴下の中と外の表面は柔らく、その奥には少し張りを感じました。ただ、履いた瞬間にほんの少し感じる程度で、気になるほどでは全然ありません。履き心地は少し厚めの靴下を履いている感じ。

雨の日はこれを履いておきたい

歩く分にも全然違和感なく、歩けます。雨が多い日はこれと一緒に出かけることが多くなりそうです。






\ SHARE /

カテゴリー