Vectorworksで多角形を描く方法

Vectorworksで多角形を描く方法

本日もNavynotEをお読み頂き、ありがとうございます。NavY(@neibiiii)です。

この記事では、Vectorworksで多角形を描く方法を紹介致します。

※こちらの記事ではVectorworks Fundamentals 2022年度版 Windows用を使用して記事を書いてます。





多角形を描く方法

多角形ツールで自由な形の多角形を描くことができます。

操作手順

❶「基本パレット」→「多角形ツール」を選択します。

❷「ツールバー」から「頂点モード」を選択します。


❸描き始めの位置でクリックし、カーソルを動かします。

❹~❻クリックする度に多角形の点を作れます。

❼描き始めの位置でもう一度クリックすると多角形が完成します。


描き始めの位置とは違う位置で2回クリックすると、線が閉じられていない多角形を作成することができます。



「境界の内側モード」を選択して、線や図形で囲われた部分をクリックすると、その部分の図形を作成することができます。



「境界の外側モード」では囲った範囲の図形を一つの図形として作成することができます。

まとめ

多角形ツールの基本操作は、通常「頂点モード」を使用するだけで十分です。境界の内側・外側モードはあまり使用する機会がないため、知識として覚えておく程度で良いかと思います。